大阪広域環境施設組合

大阪市、八尾市、松原市、守口市で構成する一般廃棄物の処理・処分を行う一部事務組合です。

ホーム > 焼却処分・埋立処分 > 焼却工場の運転状況 > ダイオキシン類測定結果

ダイオキシン類測定結果

焼却工場のダイオキシン類排出削減対策

ダイオキシン類対策については、平成9年8月の大気汚染防止法施行令及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の改正、平成12年1月のダイオキシン類対策特別措置法の施行により、平成14年12月から排ガス中のダイオキシン類の排出基準値が1ng-TEQ/m3Nとなったため、対策が必要であった住之江工場、鶴見工場において、設備改造等ダイオキシン類対策工事を実施し、法期限までに対策を完了しています。

その他の工場も含めた全ての工場において、高度な排ガス処理設備等を有するとともに、完全燃焼の徹底を図るなど、適正な運転維持管理に努めることにより、法律に基づく排出基準値を十分に満足しています。

 

ダイオキシン類測定結果

令和3年度PDFファイル 令和2年度PDFファイル
 
令和元年度PDFファイル 平成30年度PDFファイル

 

お問合せ先

 焼却工場の運転状況については、各工場へお問い合わせください。