大阪広域環境施設組合

大阪市、八尾市、松原市、守口市で構成する一般廃棄物の処理・処分を行う一部事務組合です。

ホーム > 施設見学・焼却工場オープンデー > 焼却工場オープンデー > 舞洲工場オープンデーを開催しました

舞洲工場オープンデーを開催しました

たくさんのご来場ありがとうございました

 平成31年3月16日土曜日、今年度3回目のオープンデーを開催しました。

あいにく天気は快晴ではありませんでしたが、825名の方にご来場いただきました。

 当日の様子をご紹介します!

 

この日は同時に大阪市環境局が主催する「水素社会を感じよう!燃料電池自動車(FCV)体験試乗会」を開催しました。

 

普段は入ることができない炉室から実際にごみが燃えているところをご覧いただきました。

 

巨大なごみクレーンが、ごみを掴む姿は大迫力です。

 

模擬ごみクレーンコントローラーでは、自由にごみクレーンの操作気分を味わっていただきました。



排水処理実験では、工場排水がどのように処理されているのかを、職員が実際に実験を行い分かりやすく説明させてもらいました。

他にも、ごみを燃やした熱を利用して電気を作る仕組みなど、私たちの出したごみが、どのように処理されていくのかをご覧いただきました。

 

粗大ごみの処理をする破砕施設のクレーンも大迫力です。

 

西北環境事業センターさんのブースではパッカー車との記念撮影やクイズコーナー等で大賑わいです。

皆さまたくさんのご来場ありがとうございました。

 

オープンデーについていただいた皆さまのご意見・ご要望の一部を紹介します

 

〇やはり外観が個性的でとても魅力的。ごみの流れがよくわかり、食べ物や物を大事にしないといけないということを再認しました。

〇建築に魅かれてきましたが実際のごみ処理の様子がよくわかりとても興味深かったです。知人も誘ってまた来たいと思いました。

〇ごみの焼却の熱気におどろいた。こども(幼児)も楽しめるポイントが多くあってよかった。

 

アンケートにご協力ありがとうございました。

職員一同これを励みとし、これからも皆さまと一緒に楽しく学べるオープンデーとなるよう頑張ってまいります。

 

平成30年度 第3回オープンデー(3月16日)アンケート集計結果

来場者数 825名 回収率 41%

 

 

 

※今回は大阪市内にお住まいの方が6割を占めました。

  その他

  海外: 中国

  国内: 愛知県、神奈川県、京都府、愛知県、奈良県、高知県、和歌山県、

  滋賀県、兵庫県、岡山県

 

※大阪市内にお住まいの方を中心に区広報紙をご覧になった方が最も多いですが、

  ほかにも多様なメディアを通じて来ていただきました。

 

※見学が初めての方が7割を超えました。

 

※ほとんどの方が自由に見学できたことがよかったとの印象でした。

※パネルや音声また職員の説明で理解できた方が9割を超えました。

※また来たいと思われた方が半数を超える結果でした。

   

次回開催は、8月31日(土)の予定です。

※ご来場に際しては、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

 

場所

大阪市此花区北港白津1-2-48 大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 舞洲工場

  • JRゆめ咲線  「桜島」駅から舞洲アクティブバス乗車「環境施設組合前」下車すぐ
  • Osaka Metro  中央線「コスモスクエア」駅からコスモドリームラインバス乗車「環境施設組合前」下車すぐ

 

お問合せ先

大阪市・八尾市・松原市環境施設組合 舞洲工場

電話:06-6463-4153(月曜日~金曜日  9時~12時、13時~17時 ※祝日を除く)